長年のくまは整形で治す|黒ずみサヨナラの魔法術

レディー

簡単に改善する

医者

CO2メソセラピーは、美容外科で簡単にできる美肌施術です。特注な注射器で二酸化炭素を肌内に入れることで、肌がとてもきれいになります。ですが、中には信頼できない美容外科クリニックもあるので、慎重に見極めたほうが良いです。

View Detail

肌をきれいにする施術

顔

水光注射は、日本で人気のある若返り治療です。専用の機器で皮膚の浅い層に、美肌に良い成分を注入していきます。くすみ、シミ、肌の弾力、ニキビ治療など色々な効能が有ります。治療時間も短いので、お勧めの施術といえます。

View Detail

目元の治療

美容整形

皮膚が黒ずむ原因とは

目の下の皮膚が黒ずんでしまうと、顔の印象がとても暗くなってしまいます。また、不健康そうに見られたり、実年齢よりも老けて見られたりすることが多くなるため、悩んでしまう人が少なくありません。目の下の皮膚が黒ずんで見える症状をくまと呼びますが、実は皮膚自体が黒っぽく変色してしまっているわけではないケースが多いです。皮膚そのものの色素沈着が原因で発生するくまもありますが、その場合は黒ではなく茶色っぽい色になります。黒いくまは、加齢などの影響で下垂した眼瞼脂肪が目の下の皮膚を前方に押し出し、その飛び出した皮膚の下に作られた影が黒っぽく見えているケースが多いです。ですので、黒いくまを解消するには、皮膚を白くする治療ではなく、下垂した眼瞼脂肪や突出している皮膚を切除する美容整形治療を受ける必要があります。

手術の方法

目の下にできている黒くまを治療する整形手術には、いくつかの種類があります。昔からよく行なわれてきたのは、下眼瞼切除術という名前の整形手術です。これは、下まつげの生え際に沿ってメスを入れ、垂れ下がっている眼瞼脂肪や余分な皮膚を切除してしまう整形手術です。気になる症状を発生させている原因そのものを直接取り除く方法であるため、確実にくまをなくすことができます。しかし、皮膚に傷跡が残る、ダウンタイムが長くかかるなどの難点がありますので、最近は他の方法による手術を選ぶ人が増えてきています。近年よく利用されているのは、経結膜脱脂術という名前の整形手術です。経結膜脱脂術の場合は、皮膚にメスが入れられません。下まぶたの裏側から余分な脂肪を除去する方法であるため、傷跡が残ってしまう心配をする必要がなくなります。

小顔になろう

医者

東京に住んでいる人が、顔を細くする治療を受けたいと希望しているのであれば、小顔治療で有名になっている美容外科クリニックを利用するとよいです。顔が太って見える原因は脂肪のつきすぎだけではありませんので、そのあたりをしっかりと診てもらう必要があります。

View Detail